伝統工芸の現在形

Ebi meets traditional crafts

SHOP Ebiについて

日本には世界に誇る伝統工芸の数々が存在します。ただ、「伝統工芸」という言葉には有無を言わせない権威的なイメージがあって、自分には縁遠いものだと思っていました。こと1000年の都 “京都”では、そのイメージはさらに威厳をまし、京都出身にも関わらず伝統工芸品を避けるような生活を送っていました。あの日までは。

 

新型コロナ騒動で京都から観光客が消えた2020年のGW。西陣織でできたシルクマスクを商店街で見つけました。「面白いな」と思ってその場で一つマスクを購入。帰宅後何気なくインターネットで製造元を調べると、体に衝撃が走りました。そのマスクは知的障害者の方が福祉施設で作られていたものだったのです。

 

私の中で「伝統工芸=権威的」というイメージがガラガラと崩れ去りさった瞬間でした。華やかで権威的で近寄りがたいと思っていた物が、実は社会的マイノリティーたちの手によって支えられ、その技が未来に継承されていく。それに気付いた時、微力ながら彼らの力になりたいと思いました。また、国内外の多くのお客様に、地元の伝統工芸品の良さを知っていただくことが、ホステル経営者としての責務だと思いました。

 

SHOP Ebiでは、HOSTEL Ebi企画のもと京都の伝統工芸の技を用いた新たな商品の開発販売。ならびに良質な地元<京都>の伝統工芸品を取り上げていく予定です。

 

HOSTEL Ebiのあらたなチャレンジにご期待ください。

​西陣工房について

2006年に「就労継続支援B型事業所」の指定を受けた西陣工房は、「伝福連携」を合言葉に伝統と福祉の融合に取り組まれています。現在工房では様々な障害のある方が糸繰り、整経、機織り、京組みひもを中心に作業に取り組まれており、時間をかけて習得された技術は、伝統の技となって次世代に引き継がれていきます。

  • TripAdvisor - Black Circle
  • Facebook - Black Circle
  • Instagram - Black Circle

京都市指令保保医第8号

平成28年4月6日

簡易宿所営業

©2016 by Hostel-Ebi